開け閉めが難しくて面倒

ロールスクリーンのカーテンは普通のカーテンと違って左右でなく上下に動きます。そのおかげで日光が直接目に入らないようにしつつ、部屋の中にほどよく光を取り入れられますが、ちょっと外の景色を見たり思い切り空気を入れ替えたりしたい時、さっと開けられないのが難点です。慣れないうちは巻き上げるのに失敗してカーテンが噛んでしまい、おろしてまた巻き直さなくてはならず、手間がかかることが多いでしょう。均一に巻くことができずに片方によってしまうなんてこともしばしばです。

片寄って巻いてしまった状態でも気にならない人はあまり問題ないかもしれませんが、きっちりしていないと気になる人にとっては、慣れるまで何度も巻き直しが必要となり面倒に感じる人も多いでしょう。

音や光や熱を遮る力が弱め

ロールスクリーンは両側に隙間ができがちで、そのため部屋の熱気や冷気が外へ逃げてしまいやすくなっています。他にもスクリーンの横の隙間から光が漏れてしまい、遮光性の面でも十分ではないのが難点です。スクリーン自体も薄いので、おしゃれな反面、日光を完璧に遮ることができずに透けてしまいます。遮光の度合いはスクリーンによって異なりますが、もっとも遮光度が高いロールスクリーンであったとしても、日光をすべて遮光することは不可能です。太陽の高さが低い朝や夕方はスクリーンに自分の影が影絵みたいに浮かび上がってしまい、夜だと部屋で電気をつけていると外に自分の姿が透けてしまいます。熱や光だけでなく、音を遮る力もカーテンに比べると弱いです。