タテ型ブラインドはベランダに設置するのがおすすめ

近年、タテ型のブラインドがスタイリッシュでモダンな雰囲気になると大変人気を集めています。そもそもタテ型のブラインドは縦のラインがはっきりと強調されるため、天井が高く見えるというメリットがあります。さらに、横型ブラインドに比べると埃などの汚れが溜まりにくく、掃除がしやすいのも優れている点と言えるでしょう。そんな縦型ブラインドは左右に簡単に開閉できることから、カーテンのように使うことができます。したがって、ベランダやバルコニーなど出入りが多い窓に設置するのがおすすめです。スピーディーに人が通る分だけ開けられるので、ベランダに洗濯物を干しに行く際も不自由に感じることがありません。その他にも、寝室などの仕切りに使っても便利ですよ。

タテ型ブラインドを設置する際の注意点

タテ型ブラインドは、シンプルな無地から可愛らしいイラストがプリントされたもの、和風のデザインまで色々な種類が販売されています。したがって、部屋の雰囲気に合わせて好きなデザインを選ぶことが可能です。ただタテ型ブラインドを道路沿いに設置する場合、スラットの角度によって外から部屋が丸見えになってしまうことがあります。したがって、外からの視線を遮るためにはレース生地と併用した方がいいでしょう。また、縦型ブラインドのスラットの重量は非常に軽いので、窓を開けて風を室内へ入れるとガタガタと大きな音を立てることがあります。夏の時期にはエアコンの風が直接当たることで揺れや音が発生することがあります。したがって、風をあまり受けない場所に設置した方がいいでしょう。